home
instagramはこちら
web shop
CLINCH Boots & Shoes 受注会について

 

9月も近づき、皆さま秋の装いの準備を始めたのか、

この土日は多くのご来店を頂きました。

 

誠にありがとうございます。

 

しっかり仕上げさせていただきますので、

どうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

さて表題のCLINCH Boots 受注会について触れさせていただこうかと思います。

 

 

例年、3月頃に2週間ほど受注期間を設けさせていただき、

1日3名様のご予約制でお受けしており、

 

そのいただいたご注文を一年間かけて、

仕上がった順から納品させていただく形を取っておりました。

 

 

 

 

今回より、受注会を年一回の開催ではなく、

1か月間で5名様 受注させていただく形とさせていただきます。

 

10月の受注予約9月1日より お受けいたしますので、

ご希望の方は info@brass-tokyo.co.jp までご連絡ください。

 

氏名、住所、電話番号

ご希望の日時 ( ex.10月10日 15:00) 第一希望、第二希望あたりまでお願いします。

ご希望のモデル、サイズ(普段履いているもので構いません。)

 

以上を明記の上、メールをお送りください。

 

 

※毎月1日より次月のご予約をお受けさせていただく予定です。

 

 

どうぞ宜しくお願いいたします。

 

BRASS

 

 

 

 

| brass5812 | 16:12 | - |
REDWING 2268 Re-build : NPT

 

今回、サイズを大きくする仕事をさせていただきました。

 

体格も、足も大きいお客様で、

2268をお持ち込みいただき、

ヴァンプを交換することで、大きいサイズの木型に釣り込みを行いました。

 

今回、ヴァンプはクロムエクセルを使用させていただきました。

 

シャフト高に比べて、レングスが長めに仕上がっておりますが、

バランス的にもカッコよく仕上がったのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

先日、お渡しさせていただき、

ご満足いただけたようで安心いたしました。

 

私どもとしても、やりがいのある仕事をさせていただきました。

ありがとうございます。

 

今回のように、サイズが小さく履けない靴でも

ご提案させていただけることもありますので。

お気軽にご相談いただければと思います。

 

 

 

 

お問い合わせ先
・tel:
03-6413-1290
・mail:info@brass-tokyo.co.jp

・instagram
brasstokyo

http://instagram.com/brasstokyo

 

 

| brass5812 | 12:25 | - |
REDWING8274 BILTRITE Half sole

 

 

REDWINGのエンジニアブーツのカスタムです。

 

ビルトライトのハーフソールに、ビルトライトインペリアルヒールを装着致しました。

 

古い感じを出すにはビルトライトハーフソールは最適かと。

インペリアルヒールは耐久性が高いので、どんどん履いていただけると思います。

 

アウトステッチもミッドソールもダブルの仕様で存在感があります。

ミッドソールは前5mm + 3mmになり、

土踏まずから前にかけて、12mm程の厚差がありますので、

かなり抑揚を見てとることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バックルも甲側は逆反りで、履き口が順反りにしています。

 

 

 

オールソール交換 ¥16,000

リウェルト  ¥10,000

ダブルミッドソール  3弌楞5 ¥5,000

バックル交換 ¥10,000

 

 

 

 

お問い合わせ先
・tel:
03-6413-1290
・mail:info@brass-tokyo.co.jp

・instagram
brasstokyo

http://instagram.com/brasstokyo

 

 

 

 

| brass5812 | 17:01 | - |
Vintage Engineer boots Leather sole + Upper repair

 

今回は随分と雰囲気のあるエンジニアブーツの登場です。

 

ヴァンプ部分のダメージが広範囲にありましたので

ライニングもレザーで全体的に補強し、

適所にジグザグ縫いを施してあります。

 

バックスステイも新しく交換したことで、

シャフトが立つようになりました。

 

 

 

ソール周りは

リウェルトをして、中底も交換しています。

レザーソールを装着すれば、ブーツの雰囲気を損なわず

渋い印象に仕上がりました。

 

もともと雰囲気のある靴でしたので

修理後の姿もかなりかっこよく仕上がっています。

 

これだけ履きこまれた靴でも、

もう一度現役に復活させることも出来ます。

 

履くことを諦めてしまったものや、古いものご購入された方など、

お持ちの靴でお悩みのものがありましたら

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

オールソール交換 ¥15,000

リウェルト ¥10,000

中底交換 ¥3,000

サイドライニング(今回は全体的に) ¥4,000

サケ補修ジグザグ縫い ¥2,500

バックステイ作成 ¥6,000

 

 

 

 

お問い合わせ先
・tel:
03-6413-1290
・mail:info@brass-tokyo.co.jp

・instagram
brasstokyo

http://instagram.com/brasstokyo

 

 

 

| brass5812 | 20:40 | - |
Brass tip for shoe lace end

 

シューレース先のフィルムが取れて、

バサバサになってしまっています。

 

 

 

バサバサになった先を真鍮パーツで纏めることで、

気持ちよくお使いいただけるようになります。

 

 

地味な修理?のご紹介でした。

 

シューレース先 金具取り付け 1か所 ¥200

 

 

 

お問い合わせ先
・tel:
03-6413-1290
・mail:info@brass-tokyo.co.jp

・instagram
brasstokyo

http://instagram.com/brasstokyo

 

 

| brass5812 | 16:00 | - |
CLARKS desert boots Vibram 232

 

 

クラークス デザートブーツのカスタムです。

 

もともとの生ゴムクレープソールから、Vibram#232に変更。

純正のソールよりも耐久性とグリップ力が向上しています。

 

デザートブーツのステッチダウン製法はそのままで、

見え方も変わらず仕上げられました。

白いアウトステッチがアクセントになってます。

 

生ゴムクレープソールは好きな方も大変多いですが、

夏はベタベタに、冬はカチカチになるなど気候に左右されるので、

敬遠される方も多くいらっしゃいます。

 

減った際に、違うソールに変えるのも一つの手として

いかがでしょうか?

 

気分も随分変えられるカスタムですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オールソール交換 Vib232 ¥15,000

3mmミッドソール ¥2,000

 

 

 

 

 

お問い合わせ先
・tel:
03-6413-1290
・mail:info@brass-tokyo.co.jp

・instagram
brasstokyo

http://instagram.com/brasstokyo

 

| brass5812 | 20:43 | - |
SIGNAL GARMENTS

 

 

SIGNAL GARMENTS 

・150-0013 東京都渋谷区恵比寿2-17-1 リバブルビル1階

 Ribaburu Building 1F, 2-17-1, Ebisu, Shibuya-ku, Tokyo, Japan

 

 

 

CLINCH Boots&Shoes をお取り扱いいただくことになりました。

 

SIGNAL GARMENTS 以前よりお付き合いをさせていただいておりましたが、

今回の開店に合わせて、別注のエンジニアブーツ、トングサンダルを製作させていただきました。

 

どちらも細部に至るまで、拘ってご注文をいただいております。

 

 

 

・CLINCH ENGINEER BOOTS for SIGNAL GARMENTS

 

当店でもなかなか数量を確保することができない 極厚のHorse Butt Leather(馬尻の革)

を贅沢に使用した一足になります。

 

厚みがありながら、大変密な線維であり、

また表面に顔料処理を行っていないため、透明感のある質感になっております。

ぜひ一度、実物を見ていただきたいです。

 

アッパーステッチの細部も拘り、オーナー様のVINTAGE Bootsを参考に変更が

施されております。

 

ソールはシャンクリベットを用いたシングルレザーソールになります。

 

http://signal-garments.com/archives/358

 

 

 

・CLINCH Thong SANDAL for SIGNAL GARMENTS

 

ラフアウト仕様のトングサンダル。

特筆すべきは、インソール下に衝撃吸収スポンジを仕込んでおります。

 

アウトソール・インソールともにクッション性に優れ、

柔らかなフィティングを実現しておりますので、

 

足を入れて、ご確認していただきたいと思います。

 

http://signal-garments.com/archives/348

 

 

当店の商品以外にも

SIGNAL GARMENTSでしか見ることのできないラインナップでしたので

ぜひ足を運んでみてください。

 

 

 

 

| brass5812 | 18:00 | - |
REDWING 8271 Relast : CN

 

REDWING PT99 赤茶のエンジニアブーツをリラスト致しました。

 

リラストは、一度靴をアッパーのみにして

木型を変えて、新しく靴を作り直す作業になります。

 

今回、ヴィンテージライクな雰囲気にされたいとのことで

木型は弊社では一番つま先がフラットで低く設定してある

Last:CN(Classic Narrow)で、革先芯を入れてつり込みを行っております。

 

ソールはシングルレザーソールで、クラシックな雰囲気を引き立たせております。

 

これから履きこまれて、味が出ていくのが楽しみですね。

 

 

リラストは木型を変えるので、

見た目・雰囲気が変わるのはもちろんですが

ハンドで量産では再現できない抑揚のある木型につり込みを行うので

フィッティングの向上も魅力の一つであると思います。

 

是非ともお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

Relast,Rebuildの以前の投稿

 

http://brass5812.jugem.jp/?eid=1069748

 

http://brass5812.jugem.jp/?eid=1069745

 

http://brass5812.jugem.jp/?eid=1069736

 

http://brass5812.jugem.jp/?eid=1069672

 

http://brass5812.jugem.jp/?eid=1069552

 

 

 

 

 

バックルも砂型鋳物のローラーバックルに交換しております。

ソールも薄く、クラシックな印象です。

 

 

レザーソールにヒールはCat'sPaw。

さらに、ハーフラバーソールにTRIUMPHスティールを装着。

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ先
・tel:
03-6413-1290
・mail:info@brass-tokyo.co.jp

・instagram
brasstokyo

http://instagram.com/brasstokyo

| brass5812 | 12:32 | - |
2016年上半期を過ごしてみて

 

13日〜17日まで夏季休暇を頂戴しております。

ご不便をお掛けして、申し訳ありません。

 

 

 

 

世田谷代田店舗を改装して、一年ほどが経ちました。

まだまだ手を加えることはありますが、以前に比べるとお客様、私どもにとっても

過ごしやすい空間になったのではないかと思います。

 

 

 

創業当初は現在のB1にあたる元は駐車場として使われていた空間を改装して、

とても小さな店舗兼作業場としてスタート致しました。

 

2009年に1、2Fを増改装し、3フロアーになり、

http://brass5812.jugem.jp/?eid=876237

 

2013年に都築工場を作りました。

http://brass5812.jugem.jp/?eid=1069065

 

そして昨年、2015年に世田谷代田店舗の大改装をしました。

http://brass5812.jugem.jp/?eid=1069697

 

 

昨年の改装で世田谷代田のスペースを効果的に使えるようになったことで、

再び地下に作業スペースを設けることができるのではないかと考えております。

 

より臨場感を持って、

現場を見ていただける機会ができるのではないかと。

 

その際はまたお知らせさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

さて CLINCH Boots&Shoes も展開して数シーズンが過ぎ、

今年上半期は今まで行っていなかった取扱い店舗様での受注会を

海外2回、国内1回と行わせていただきました。

 

少しずつではありますが、国内外の取扱い店舗様も増え

皆様に履いていただく機会も増えてきたのではないかと思います。

 

 

 

 

そこで私どもの店舗での受注会のあり方を

少し変えていこうかと考えております。

 

生産数量はさほど変えず、ではありますが、

年に一度の受注会ペースではなく、

もう少しコンスタントに受注させていただく機会を設けていきたいと考えております。

 

 

 

 

 

 

上記、どちらも検討事項ではありますが、

少しずつでも私どもが理想とする形に近づけるとともに、

修理、製作とも ご希望いただくお客様に

お届けできるよう努めていきたいと思います。

 

 

18日より通常営業となります。

今後ともどう宜しくお願いいたします。

 

 

株式会社BRASS  

代表取締役 松浦 稔

 

 

 

| brass5812 | 18:28 | - |
WESCO BOSS  Biltrite Half sole , Cat's Paw heel

 

夏季休暇中でご不便をお掛けしております。

18日(木)より通常営業となります。

 

 

さて今回のBLOGは

WESCO BOSSにビルトライトハーフソール、Cat'sPawヒール

を装着させていただきました。

 

今回はソール交換のタイミングであったと、

同時に音鳴りがしてしまっているのを直したいとのご依頼でした。

(靴の屈曲時に靴内部が擦れて音が鳴ってしまうことがあります。)

 

 

長くご愛用をいただいているのもあり、

中底のひび割れと硬化が見て取れましたので、

中底交換の交換も行い、

アウトソールのみならず、中構造を一新することを

ご提案させていただきました。

 

バックルの交換も同時に行わせていただきました。

素材感のある砂型鋳物の真鍮ローラーバックルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オールソール交換 ビルトライトハーフソール ¥16,000

ダブルミッドソール (5mm+3mm) ¥5,000

中底交換 ¥3,000

 

バックル交換 ¥10,000

 

 

 

 

 

お問い合わせ先
・tel:03-6413-1290
・mail:info@brass-tokyo.com

・instagram
brasstokyo
http://instagram.com/brasstokyo

 

 

 

 

| brass5812 | 18:43 | - |
Page: 1/157   >>

Search

Photo

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>

Entry

Category

Archives

Link

Feed

Mobile

qrcode

PAGE TOP