home
instagramはこちら
web shop
REDWING 8280 O'sullivan's Green sole

 

REDWING 8280 のソールカスタムになります。

 

元は踵回りもウェルティングされており、

アウトステッチもかかり、Vibram109が装着されています。

 

大分、無骨な部類に入るブーツになります。

 

 

こちらをヴィンテージスタイルでカスタムさせていただきました。

 

つま先のスティールを除去し、

踵回りはリブを排除し、それぞれつり込み作業を行っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オールソール交換 ¥16000

5mmミッドソール ¥3000

リウエルト ¥10000

スティール抜き、つま先つり込み ¥3000

 

 

| brass5812 | 22:06 | - |
Danner Linght Repalce Vibramtank-heel , Re-color Black

 

ダナーライトの染め替え、ヒール修理のご紹介です。

 

定番のブラウンレザーを黒に染め変えております。

キャンバスとのコントラストが強くなり、

ガラッと雰囲気が変わりました。

 

ヒールは Vibram148 の ヒールのみを修理させていただきました。

シート状のソールはヒールがすり減り、スポンジ層に達する前でも

前側が残っていることがほとんどです。

 

その際はヒールのみカットして、タンクヒールを埋め込むことで

修理することを提案させてただいております。

 

染め変え前

 

 

染め変え後

 

 

 

 

 

タンクヒール ¥3500

染め  ¥15000

 

 

 

| brass5812 | 17:37 | - |
Redwing 9268 O'sullivan's half sole , Re-maove Toe steel

 

Redwing 9268 のソールカスタムになります。

 

無骨なダブルミッド、ダブルステッチの仕様です。

 

ソールが重くなった分の軽量化

ボリュームを少し抑える為 や

経年を楽しめる

などの意味合いを含めて、

 

ウエルトを外した際に、アッパーをめくって

つま先のスティールを取り除いております。

 

 

 

 

 

 

 

オールソール交換 オサリヴァンハーフソール ¥16000

ダブルミッドソール ( 5mm + 5mm ) ¥5000

リウエルト (スティール除去 含む) ¥10000

 

 

 

 

 

| brass5812 | 10:38 | - |
WESCO Boss O'sullivan's Green sole

 

Wesco Boss のソールカスタムです。

 

内側のアウトステッチは解かずに

一枚目のミッドソールは元のものを使っています。

 

あまり厚くならないようにとのご要望でしたので、

3mm-mid + O'sullivan's Half sole でご提案させていただきました。

 

サイドエッジ ブラウンクリア に グリーンソールも

大変 似合います。

 

 

 

 

 

オールソール交換 オサリヴァン ハーフソール ¥16000

3mmミッドソール ¥3000

 

 

 

| brass5812 | 20:38 | - |
REDWING 2268 Vibram705 Brown , Shaft Height Cut

 

REDWING 2268 を

ソールカスタム と シャフト丈カットのご依頼をいただきました。

 

9インチ丈ほどのご要望

ソールはウエルトを張り出し気味にして

アウトステッチはシングル

サイドエッジはラフ仕上げ

ヒール低めでカーブ有

 

 

 

 

 

 

 

オールソール交換 Vibram705 ブラウン ¥15000

5mm ミッドソール ¥3000
リウエルト ¥10000

 

丈カット ¥18000

 

 

 

 

 

 

| brass5812 | 18:14 | - |
REDWING Logger boots

 

REDWING ロガーブーツのソールカスタムになります。

 

元々、Vibram109というゴムの一体型のタンクソールがついています。

 

ダブルミッドとかなりゴツめの仕様ですが、

アンバーソールとブラウンクリア色のミッドソールで表情が

あるので、全体的な印象としては合わせやすくなったのでは

ないでしょうか。

 

 

レザーシューレースとフォルスタンもお付けしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オールソール交換 Vib705アンバー ¥15000

ダブルミッドソール( 5mm + 5mm) ¥5000

リウエルト  ¥10000

 

レザーシューレース ¥2000

フォルスタン ¥2500

 

 

 

 

 

| brass5812 | 20:26 | - |
REDWING 875 Vibram269 Black

 

REDWING 875をソール交換させていただきました。

Vibram269にして、ヒールをテーパード気味に仕上げております。

 

長くご愛用頂く中で、アッパーの小指付近のひび割れがが見られましたので、

ライニング側から革のパッチを貼って補強させていただいております。

 

メンテナンスにオイルのみを使用している場合に

多くみられる症状であると認識しております。

オイルばかりではなく 乳化性クリーム を使っていただく良いと

思います。

 

 

少し前の記事になりますが、

OCEAN’S WEB MAGAZINE にてメンテナンスをご紹介させていただいております。

ご参考にしていただければと思います。

 

 

・オイル編

https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2019-0714-8/

 

・基本編

https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2019-0713-8/

 

・保管編

https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2019-0721-7/

 

 

 

 

 

 

 

オールソール交換 Vib269 ブラック ¥15000

5mmミッドソール ¥3000

リウエルト ¥10000

サイドライニング 革パッチ補強 1か所 ¥1000

 

 

 

 

 

Official Web site

Brass shoe co. Official web site

 

 

 

 

 

 

※9月は毎週水、木曜日が定休日です。

 

 

弊社代表LINE BLOGはこちら

https://lineblog.me/minoru52/

 

| brass5812 | 19:03 | - |
Thorogood Monkey Boots O'sullivan's Cork Sole

 

ソログッド の モンキーブーツに

ホワイトコルクソールを装着いたしました。

 

元は白ワンピースソールでしたので、

ヒール付きのコルクソールにすることで

見た目も 耐久性も アップデートさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

オールソール交換 オサリヴァン コルクソール 白 ¥16000−

リウエルト ¥10000−

蝋引きシューレース ¥1000

 

 

 

 

 

 

| brass5812 | 20:42 | - |
Crockett & Jones Jodhpur Modified sole

 

クロケット&ジョーンズ  ジョドファーブーツの

ソールカスタムをさせていただきました。

 


2008年と古めの記事ですが、

ご依頼時に参考にしていただきました。

ぜひ拝見ください。

http://blog.brass-tokyo.com/?eid=647474

 

 

 

ヒールを高くして、ベベルドウエスト仕様が似合っています。

大変エレガントで、スマートな印象に仕上がりました。

 

ドレスシューズ の カスタムは

ガラッと印象を変えるような ワークブーツのカスタムと違い、

細かな味付けを施し、

全体として 靴本体をより魅力的に見せるような

仕掛けをしています。

 

ぜひ参考にしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

| brass5812 | 10:33 | - |
ALDEN Punched Cap-toe Upper crack Repair

 

連日、暑い日が続いており、

作業場は冷房・扇風機をフル稼働しないと、

仕事になりません。

 

 

明日7日〜11日まで夏季休暇を頂戴いたします。

12日から通常営業となります。

宜しくお願い致します。

 

 

ALDENの修理です。

ソール交換はよくBLOGでも挙げていますので、

 

今回はソール交換に加えて、

アッパーの補修を行ったもののご紹介となります。

 

 

しっかり履き込み、ヴィンテージの雰囲気まで

纏い始めたヤギ革のオックスフォードです。

 

履き込みが強く、

ドッグテイルやサイドなどの履き口に亀裂が入ってしまっていました。

 

 

こうなると、キズ補修のような処置を行ったところで、

納品時はキレイでも

履けば、また同じように亀裂が入ってしまうことは明白でした。

 

そこで、履き口をぐるりと補強させていただくご提案をさせていただきました。

ドッグテイルの裂け(撮ってません。。。)もひどかったので、

それを覆いかくし、さらに強度を考えて、1.4mm幅のテープ状になっています。

 

ただの革当てになってしまうと、

補修感が前に出てしまい、雰囲気を損ねかねないので、

ピンキングと親子穴を施しています。

 

さらにパターンを考慮し、

羽根のアイレット上にもピンキングを施した革を当てて

デザイン調和を取ったつもりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、

ドッグテイルを覆うこと と 亀裂の長さがあったので、

テープ幅もしっかりと取っていますが、

 

状態によっては、テープ幅がもう少し狭くなり

より親和性を高めることもできて、

デザインとして良いところに落とせるのではないかと

可能性を感じることができる修理になりました。

 

ありがとうございました。

 

 

休暇中はご不便をかけることとなりますが、

何卒、よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| brass5812 | 16:47 | - |
Page: 1/131   >>

Search

Photo

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Entry

Category

Archives

Link

Feed

Mobile

qrcode

PAGE TOP