home
instagramはこちら
web shop
Entry: main  << >>
SHANK RIVET
 
これなんでしょう?






答えはシャンクを止めるリベットです。



今ではシャンクを中底に接着で貼り付け、その上にコルクを敷き詰めています。
当時、ボンドの精度が無い上に、過酷な状況下で使用するため、
靴の背骨の役割を担うシャンクを
リベットを用いて、ガチッとソール側に固定する方法を選んでいたのではないかと思ってます。
あくまで憶測です。間違っていたら、すいません。

これまで、数多くの靴・ブーツをバラしてきて、
正直、がっかりするものも多くありました。

その一つがリベットが単なる飾りとして打たれたものです。
外から見る限り、判断はできません。

シャンクリベットの構造を見たいと、ドキドキしながら、ソールをバラすと、
アウトソールのみにリベットが打たれていて、どことも噛んでいないのです。

シャンクを中底にボンドで接着して、コルクを敷き詰めます。
それに飾りリベットを打ったソールを貼ります。

ん?・・・

ディテールとして、アイキャッチが良く、分かりやすいディテールなのはわかりますが、
なんかもの悲しいと思ったものです。


私どもは修理もそれぞれ状態が違い、
それぞれに合わせて、加工しながら作業を行うので、
直す方でも、作る方でもなるべく意味のある形にはしたいと思っています。
せっかくやるなら、シャンクを貫通して止めて、菊割にします。

50年後、100年後にうちで加工したものを、
修理屋さんがバラした時に、おっ!!と思ってくれる事を想像して、ニヤニヤしながら、
菊割にするわけです。




目指すのこんな感じです。




この粗野な打ち方。。。すごい。
ある意味、正解です。



レザーソールも良し、
ビルトライトのハーフソールもあるし、
そろそろ、出来そうです。



| brass5812 | 16:39 | trackbacks(0) |
Comment
こんにちは…。
Clinchの新作は、この仕様になりそうですね。
価格との兼合いで購入できるかどうか分かりませんが…。
ところで以前、ブラスで作ってもらった#705仕様のそれを
この仕様のリペア=カスタムとしてお願いできますか?
Posted by: 亜曲流 |at: 2012/10/21 1:44 PM
亜曲流様
コメントありがとうございます。
ぜひともご検討いただければ幸いです。

勿論、リペア・カスタムでも行うことが出来ます。
ぜひご相談ください。

どうぞ宜しくお願い致します。
Posted by: 松浦 |at: 2012/10/23 8:26 AM








Trackback

Search

Photo

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Entry

Category

Archives

Link

Feed

Mobile

qrcode

PAGE TOP