home
instagramはこちら
web shop
Entry: main  << >>
CLINCH Service shoes

 

Web shop

BOOTS & GOODS SHOP by Brass Shoe Co.

商品を追加いたしました。

 

 

 

 

この度の展示会で発表させていただきましたサービスシューズのご紹介になります。

 

 

 

 

デザインとしては、50’sのサービスシューズを踏襲しておりますが、

より履きやすく、包まれるようなフィッティングを求め、

木型をアップグレードすることから、始めました。

 

ヒールカップ〜ふまずにかけて、しっかりとした引き締まったホールド感を感じていただきながら、

ボールジョイント〜指は圧迫しないような設計の木型になっております。

 

 

 

当時のサービスシューズはしっかりと作り込まれており、

完成されたものであることは、疑う余地もありませんが

だからと言って、後を追うのでは意味がありません。

 

 

 

今回のサービスシューズに限ったことではないですが

デザインを抽出した廉価版、劣化版のようなものにならないように

シンプルだからこそ、プロダクトとして優れたものを

生み出す必要を強く感じています。

 

私どもが多くの靴をバラして感じるように、

生み出すものが50年後、100年後にバラした職人に

何かを感じさせる物作りでありたいと思っています。

 

 

手仕事を惜しみなくかけられる からこその仕事をしたいと思います。

それが 内ふまずまで長くがっちりと入ったカウンター芯や

アッパーの素材選び、加工からも感じていただければ嬉しく思います。

 

ぜひ足入れをしていただき、

履き込むことで実感してください。

このBLOGで少しでも 考え方や拘りなどを感じていただければ幸いです。

 

 

今回、アッパーは

フランスのキップを黒に後染めしたものとバスケットボールレザーの黒、茶を

ご用意いたしました。

 

 

 

 

 

高級感と耐久性の為に、クロム鞣しのキメの細かいキップレザーを用いております。

しかしクロムの黒は断面がグレーです。

なので、クロム鞣しの茶色の革を染料にて黒く染め上げることで、

クロム革ながら、タンニン鞣しのようなエイジングを考えてのことです。

 

こちらのキップは6アイレットの裏ハトメ仕様

シングルレザーソールになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バスケットボールレザーの黒と茶色は少しボリュームを持たせて、

3mmミッドソールをプラスし、

5アイレットの外ハトメ仕様となります。

 

 

 

 

 

今回の展示会用 New Produsts のご注文は以下からしていただけます。

 

・Roam trainer  http://brass-tokyo.shop-pro.jp/?pid=119133155

 

・Service shoes    http://brass-tokyo.shop-pro.jp/?pid=119131696

 

・Service shoes Basketball leather  http://brass-tokyo.shop-pro.jp/?pid=119176239

 

・George boots http://brass-tokyo.shop-pro.jp/?pid=119132001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| brass5812 | 15:53 | - |

Search

Photo

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Entry

Category

Archives

Link

Feed

Mobile

qrcode

PAGE TOP