home
instagramはこちら
web shop
Entry: main  << >>
トライアンフ?
トライアンフ・・。




そのデザインとスペックで、多くのバイカーを魅了してやまない。
星出の78年製T-140もご来店頂くバイク好きのお客様に、ご好評いただいております。

そしてブラスの「トライアンフ」といえば・・。


トライアンフスティールですね!

エドワードグリーンのビスポークで使用されるトウスティールで有名ですが
その雰囲気は英国靴に限らず、オールデン等のアメリカ靴にも相性が良いです。
その独特な形状のおかげで、ヴィンテージスティールよりも色々なデザインのソールにも装着可能です。




ちなみにジョンロブに装着すると、こんな感じ。
すごく雰囲気合ってません?
ただ単に爪先の減り防止というわけでなく、靴のカスタムとしてもお勧めです。

そして、ここからがブラスならではのカスタム・・。


ハーフラバー + トライアンフスティール!!

しかも、その靴の正体は・・

ウエスタンブーツでした。

普段はドレスシューズに装着することの多いスティールですが、
ポインテッドなウエスタンブーツにも似合いますね。
ヴィンテージスティールでは形状がまったく合いませんが、トライアンフスティールならつけられます。


ちなみに上画像は装着して削り調整以前の状態。
ここからソールに合わせて削り上げます。


ウエスタンにただ単にラバーを貼るだけでなく、トライアンフスティールを装着した事により、見え方もクール。
ドレスシューズに限らずに幅広く、カスタムとしても使えます。
是非、お試し下さい。

それにしても、なぜだかバイクでもスティールでも「トライアンフ」はカッコ良いなー。


トライアンフスティール ¥5250〜

ハーフラバー + トライアンフスティール ¥8400〜


常泉
| brass5812 | 10:19 | trackbacks(0) |
Comment
こんにちは、修理や日々の事など楽しみに拝見させて頂いております。
ちょっと質問なのですが、つま先にスティールをつける場合は、出し縫いの糸は取り付けの際に切れてしまうのでしょうか?
スティールを底面にネジで留めているので、糸は切れてしまっても底は剥がれてはこないということなのでしょうか?

興味があるのですが、その点だけ不安だったので…。
Posted by: memento |at: 2009/06/04 4:56 PM
memento様

コメントありがとうございます。
スティールを取り付ける際は、ソールに埋め込む形で装着いたします。その為、元々の出し縫いの深さによっては出し縫いが切れてしまう場合があります。その際の為にmemento様の解釈の通り、装着時のねじ止めにより補強をしております。

今まで数多くスティールの装着をさせていただきましたが、
スティールを装着したことにより、ウエルトとアウトソールが剥がれてしまったことは無いので、ご安心いただいて大丈夫かと思います。

また何か気になる点などございましたら、遠慮なくコメント下さい。
Posted by: 常泉 |at: 2009/06/04 6:09 PM








Trackback

Search

Photo

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Entry

Category

Archives

Link

Feed

Mobile

qrcode

PAGE TOP