home
instagramはこちら
web shop
Vintage German Jack Boots O'sullivan's GREEN

 

 

web shop

BOOTS & GOODS SHOP by Brass Shoe Co

 

 

 

 

 

 

 

第二次世界大戦頃のドイツ軍で使用されたジャックブーツです。

 

実はこちら、大変ありがたいことに、

3月に表参道で開催されたLIMITED STOREにて、

BRASSから出品していたヴィンテージブーツをご購入いただいた

お客様よりお持ち込みいただいたものです。

誠にありがとうございます。

 

ウェルトを外して中底交換を行い、

リウェルトして、製法をグッドイヤーに変更。

アウトソールにはオサリヴァンのグリーンを取り付けました。

 

サイドエッジは黒で仕上げてありますので、

裏から見えるグリーンがさりげなく主張してくれます。

靴の雰囲気を損なわず、違和感なく仕上がりました。

 

履き心地も実用性も向上出来ていると思いますので、

これからたくさん着用していただけたら幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オールソール交換 オサリヴァン GRN ¥16,000

中底交換 ¥3,000

リウェルト ¥10,000

5丱潺奪疋宗璽襦 3,000

 

 

 

 

 

 

 

 

※5月も毎週水、木曜日が定休日です。

 

 

弊社代表LINE BLOGはこちら

https://lineblog.me/minoru52/

 

| brass5812 | 11:38 | - |
Vintage Lace up boots Re-Last

 

 

 

web shop

BOOTS & GOODS SHOP by Brass Shoe Co

 

 

 

 

 

ヴィンテージブーツのリラストのご紹介です。

 

元々はネイルダウン製法だったこちらの靴。

グッドイヤーウェルテッドに変更し、CNラストで吊り込み直しました。

 

今回は、ヴァンプのライニングの消耗が激しいため

一度ヴァンプを取り外してから、

レザーのライニングを新たに作成して取り付けております。

 

内側も外側も出来る限りのお修理を施しております。

グッドイヤーならソール交換もしやすくなり、

履き心地もかなろ良くなっていると思います。

 

 

ソールには、オサリヴァンのグリーンを選択されました。

茶系のアッパーとの相性も良く、軍モノ然とした佇まいに。

 

古くから現在にまで継承されたブーツを、

また新たな形で生まれ変わらせることは、私達にとっても嬉しいことです。

 

完成まで長らくお待たせ致しましたが、

雰囲気も大変素晴らしく仕上がったかと思います。

 

これから先も永らくご愛用いただければと思います。

 

 

 

 

 

 

サイドエッジは靴の雰囲気に合わせて、敢えてムラを残すように

仕上げてあります。

 

 

 

ほつれたアッパーのステッチは縫い直し、

ヴァンプのリベットも打ち直してあります。

 

 

 

 

リラスト ¥18,000

オールソール交換 オサリヴァン ¥16,000 

5丱潺奪疋宗璽襦 3,000

リウェルト ¥10,000

ヴァンプライニング取り付け、アッパーほつれ直し   要相談

 

 

 

 

 

※5月も毎週水、木曜日が定休日です。

 

 

弊社代表LINE BLOGはこちら

https://lineblog.me/minoru52/

 

 

 

 

| brass5812 | 23:02 | - |
REDWING 8881 O'sullivan's sole Black

 

 

 

web shop

BOOTS & GOODS SHOP by Brass Shoe Co

 

 

 

 

 

アイリッシュセッターにオサリヴァンソールを取り付けました。

 

サイドエッジをブラウンにして、

全体的に色のまとまりある仕上がりになりました。

 

まだ綺麗な状態ですので、

今後たくさん履き込んでいただければ、

ビンテージのような雰囲気が出てきそうで楽しみですね。

 

東京にお立ち寄りの際は、是非またお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

オールソール交換 オサリヴァン BLK ¥16,000

5丱潺奪疋宗璽襦 3,000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※5月も毎週水、木曜日が定休日です。

 

 

弊社代表LINE BLOGはこちら

https://lineblog.me/minoru52/

 

 

 

 

| brass5812 | 10:50 | - |
REDWING 8002 O'sullivan's sole Black

 

 

 

web shop

BOOTS & GOODS SHOP by Brass Shoe Co

 

 

 

 

 

レッドウィングのワークオックスフォードに

オサリヴァンソールを取り付けました。

 

3+5个離瀬屮襯潺奪疋宗璽襪如

少しボリュームのある仕上がりになりました。

 

カジュアルな元の白底と比べると、

引き締まった印象になりました。

 

これからの季節に活躍しそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オールソール交換 オサリヴァンソール ¥16,000

3+5丱潺奪疋宗璽襦 5,000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※5月も毎週水、木曜日が定休日です。

 

 

弊社代表LINE BLOGはこちら

https://lineblog.me/minoru52/

 

 

 

| brass5812 | 23:20 | - |
REDWING 9268 Leather sole

 

 

 

 

web shop

BOOTS & GOODS SHOP by Brass Shoe Co

 

 

 

 

 

 

レッドウィングのエンジニアブーツをシングルレザーソールに交換しました。

さらに、ウェルトの交換もしてつま先のスチールを抜いてあります。

ソールはつま先側にハーフラバーソール、ヒールはオサリヴァンを装着。

 

 

 

CLINCH BOOTSではよくする仕様ですが、

エンジニアブーツにレザーソールのご案内をすると、

意外に思われる方はまだまだ少なくありません。

 

 

レザーソールは、見た目がクラシックな印象になり、

足元をすっきり見せることが出来ます。

 

シングルレザーソールは、履き心地は軽く

つま先の返りも大変良いのが特徴です。

 

今回の場合は、

つま先のスチールを抜く際に生じる空間をつり込むことにより、

つま先が少し低くなっています。

履き込むことによってつま先が潰れていくのはヴィンテージブーツのようです。

スチールが無い分、履き心地もさらに軽くなります。

 

 

 

ハーフラバーソールは、

薄くなったり、つま先が削れてきたら交換が可能です。

定期的にしておくと、長くご愛用いただけます。

時々、つま先の削れ具合いを見ていただくと良いかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

アウトステッチだけ白にして、アクセントになっています。

 

 

 

 

 

 

オールソール交換 B-Plan×オサリヴァンヒール ¥16,000

リウェルト(スチール抜き含む)¥10,000

ハーフラバーソール ¥3,000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※5月も毎週水、木曜日が定休日です。

 

 

弊社代表LINE BLOGはこちら

https://lineblog.me/minoru52/

 

 

 

| brass5812 | 11:00 | - |
REDWING Vibram♯7124

 

 

 

 

web shop

BOOTS & GOODS SHOP by Brass Shoe Co

 

 

 

 

 

レッドウィングポストマンに♯7124を装着致しました。

 

シャークソール、リップルソールなどと呼ばれるこちらのソールは、

独特な見た目が最大の特徴と言えますが、

耐久性やグリップ力も良く、履きやすいことで好まれる方も多いソールです。

 

15个EVAスポンジを挟み、さらに厚みを出してあり、

見た目はかなりインパクトのある仕上がりに。

お客様のこだわりが詰まったカスタムになっているかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

底面はフラットにしてあります。

 

 

オールソール交換 Vib#7124 ¥15,000

 

 

 

※5月も毎週水、木曜日が定休日です。

 

 

弊社代表LINE BLOGはこちら

https://lineblog.me/minoru52/

 

 

| brass5812 | 22:22 | - |
White's boots Vibram#700 Black

 

 

 

 

 

ビブラム♯700でオールソール致しました。

 

耐久力、グリップ力に定評のあるソールです。

かかとはお馴染みのクォバーグヒールを装着しました。

 

リウェルトも施して、

アウトステッチもダブルで綺麗に仕上がりました。

 

またたくさん履いて、次はヒール交換にお待ちいただければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オールソール交換 Vib#700 ¥15,000

5丱潺奪疋宗璽襦 3,000

ホワイツリウェルト ¥5,000

 

 

 

 

 

 

 

※5月も毎週水、木曜日が定休日です。

 

 

弊社代表LINE BLOGはこちら

https://lineblog.me/minoru52/

 

 

| brass5812 | 22:07 | - |
REDWING Vibram#148

 

 

 

 

web shop

BOOTS & GOODS SHOP by Brass Shoe Co

 

 

 

 

ゴールデンウイーク中の本日は、

木曜日ですが店舗の営業をしております。

皆様のご来店おまちしております。

 

 

本日のご紹介は、

ロガーブーツにビブラム♯148を取り付けました。

 

♯4014などのクレープ系ソールと比較すると、

その伝統的なビブラムのパターンがグリップ力に優れ、

EVAスポンジを挟むことにより、クッション性を持たせることができます。

 

ロガーでも軽やかに履いていただけると思います。

 

 

 

 

 

 

底面はフラットではなく、土踏まずに抑揚をつけてあります。

 

 

 

オールソール交換 Vib#148  ¥15,000

 

 

 

 

※4月も毎週水、木曜日が定休日です。

 

 

弊社代表LINE BLOGはこちら

https://lineblog.me/minoru52/

 

 

 

 

 

| brass5812 | 11:48 | - |
REDWING PECOS Vibram#700 Brown

 

 

web shop

BOOTS & GOODS SHOP by Brass Shoe Co

 

 

 

 

 

ペコスのオールソール交換です。

 

長年履き込まれており、

アッパーの色も濃茶色に変化しております。

 

元のソールはベージュ系でしたが、

今回は、経年変化した靴の雰囲気に合わせてソールはブラウンをご提案致しました。

 

アッパーの色と近い色でまとまり、落ち着いた雰囲気になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

オールソール交換 Vib#700 BRN ¥15,000

3丱潺奪疋宗璽襦¥2,000

 

 

 

 

 

※4月も毎週水、木曜日が定休日です。

 

 

弊社代表LINE BLOGはこちら

https://lineblog.me/minoru52/

 

 

 

| brass5812 | 10:15 | - |
REDWING 9013 O'sullivan's sole Black

 

 

web shop

BOOTS & GOODS SHOP by Brass Shoe Co

 

 

 

 

昨日に引き続き、

オサリヴァンソールのカスタムのご紹介です。

 

こちらはブラックですが、

完全な黒ではなく、ほのかに茶色がかった微妙な色合いが

案外、アッパーのどんな色味にも馴染んでくれるところが魅力です。

 

履き心地は弾力があり、グリップ力の高い実用的なソールです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オールソール交換 オサリヴァン ¥16,000

5丱潺奪疋宗璽襦 3,000

 

 

 

 

※4月も毎週水、木曜日が定休日です。

 

 

弊社代表LINE BLOGはこちら

https://lineblog.me/minoru52/

 

 

 

 

 

 

| brass5812 | 17:19 | - |
Page: 2/123  << >>

Search

Photo

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Entry

Category

Archives

Link

Feed

Mobile

qrcode

PAGE TOP