home
instagramはこちら
web shop
CLINCH Vamp Sandal

 

Web shop

BOOTS & GOODS SHOP by Brass Shoe Co

 

 

 

久しぶりの修理ブログです。

 

今回はスタッフが履き込んだCLINCH sandalのヴァンプタイプ。

 

 

 

 

 

 

 

アッパーレザーはラティゴレザーの後染めバーガンディ。

履き込んで、足の形にシワが入り込んで風合いが出ています。

つま先のかえりがついてくると、履き心地がさらによくなってきます。

 

 

しばらく履いて、やれてきたので

Mail's neutral shoe creamとIrisのブラシ(馬毛山羊毛)で

メンテナンスしました。

 

まずは馬毛で汚れを払って、

クリームを指で薄く伸ばしながら塗っていきます。

 

そのあとは、ウエスで乾拭きして余分なクリームを拭き取ります。

 

再度しっかり馬毛でブラッシングして、

さらに山羊で仕上げることで、

艶が出て、経年変化した革の良さが引き立ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良い艶感がでました。

 

さらに履きこんで、中底に沈みが出た頃に

フットベットの下にシートスポンジを入れて微調整することで、

さらなるフィッティングの向上とクッション性を得ることができます。

そちらも今後また、アップしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お問い合わせ先
・tel:03-6413-1290
・mail:

info@brass-tokyo.co.jp

 

| brass5812 | 13:48 | - |
CLINCH Engineer boots Last : CN

 

Web shop

BOOTS & GOODS SHOP by Brass Shoe Co.

商品を追加いたしました。

 

 

 

 

CLINCH Engineer boots  Last:CN

Re-Stock

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| brass5812 | 22:05 | - |
Key case 鍵の取り付け方

 

Web shop

BOOTS & GOODS SHOP by Brass Shoe Co.

商品を追加いたしました。

 

 

 

 

Brass Shoe Co.  Original Key case

をご紹介させていただいたところ、

使用方法、収納方法についてお問い合わせを

頂きましたので、ご説明させていていただきます。

 

 

 

まずはボタンを ぱちんと外します。

 

ボタンは黒塗装したものを装着しておりますが、

使用にかけて、剥がれが出てきて、

それも雰囲気になります。


金具がブラスのものは

ボタンの地もブラス。

 

金具がニッケルのものは

ボタンの地もニッケルを採用しております。

 

 

指の腹で スクリューを挟み込み、

ねじを緩めるように回します。

 

支柱側、ネジ側に分かれます。

 

片方の革に支柱側を通し、

収納するカギを重ねていきます。

 

もう片方の革で蓋をして、

ネジ側をさして、回して、留めます。

この際にしっかりと最後まで、締めてください。

 

片側に3本収納できました。

 

 

次は2本‐1本で収納します。

片側に カギ ‐ レザー ‐ カギ となるように重ねて、

スクリューを留めます。

 

もう片側は レザー - カギ - レザー になるように留めます。

 

カギの収納高さのレベルが 干渉し合わない位置で

安定するように レザーを挟みました。

 

使用頻度の少ないカギを1本の方にするのが

お勧めです。

 

高さ調整に使用したレザーは、ホースシューリングの

ぐらつきを抑える目的もあります。

商品に3つ付属していますので、

レイアウトの際に、ご活用ください。

 

 

Brass Shoe Co.  Original Key case

http://brass-tokyo.shop-pro.jp/?pid=119234277

 

 

 

 

| brass5812 | 17:00 | - |
DENIM Bpulevard Milan

 

昨日まで開催しておりました自社展示会にお越しいただきました皆様、

誠にありがとうございます。

 

卸先様はアポイント制とさせていただいていた関係上、

ゆっくりとお話をさせていただきました。

新たに打ち合わせをさせていただきましたお店様とも、

良い方向に進めばと願っております。

 

一般の方は、時間帯によっては混み合ってしまって、

十分にお話をさせていただくことができないことがありましたが、

このような機会ということで、皆様が様々なモデルをご遠慮なく

試着いただけたのは、嬉しい限りでした。

 

 

 

さて自社展示会も終わった このタイミングで、

現在イタリアで、https://www.denimboulevard.com/event/

イベントに商品を展示頂いております。

こちらでも良い動きがあればと願うばかりです。

 

 

 

改めまして、自社展示会に足を運んでいただきました皆様、

誠にありがとうございました。

至らぬ点もあったかと思いますが、このような形も良いのかなと

思っておりますので、またの開催の際も ぜひお越しいただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| brass5812 | 15:58 | - |
Brass Shoe Co. Key case

 

Web shop

BOOTS & GOODS SHOP by Brass Shoe Co.

商品を追加いたしました。

 

 

 

Brass Shoe Co.  Key case

 

 

鍵をスマートにまとめて、持ち運んでいただくのに

出来る限り、ミニマムに製作いたしました。

 

鍵を通すシカゴスクリューを両端に配し、

ホースシューリングも付属しておりますので、

お持ちのキーホルダーにそのままお付けいただけます。

 

革はラティゴレザーを使用し、

金具はボタンワークスによる製作。

鉄製でブラスとニッケルから選んでいただけます。

 

 

 

 

Brass Shoe Co. Key case ¥6800

 

 

 

 

 

 

| brass5812 | 17:21 | - |
CLINCH SANDALS " Cross "

 

Web shop

BOOTS & GOODS SHOP by Brass Shoe Co.

商品を追加いたしました。

 

 

 

 

CLINCH Sandals

New product " Cross "

 

クリンチサンダルは長くご愛用頂きたいので、

出来る限りシンプルなデザインを心掛けております。

 

シンプルにすることで、

製法やフィティングの作り方(少ない面積でどのように足をおさえるのか)

の吟味が必要になります。

 

 

デザインが機能性・履き心地を損なわないように、

機能性・履き心地がデザインを損なわないように、

 

サンダルでも、足にぶら下がらないフィッティングを実現する為に、

 

手間はかかりますが

ハンドメイドの靴を作るのと同じ、

木型に対してのクセづけ工程を多岐に渡り、行なっております。

 

 

今回のCLINCH Sandals " Cross "はアンクルストラップを設け、

足を固定することで、ヴァンプのクロスストラップへの

テンションを抑える事が出来ました。

 

その為、クロスストラップをより細く設定し、

ヌーディな雰囲気に仕上がっております。

 

 

 

 

 

 

アウトソールの交換は勿論として、

フットベッドの交換や、

クッションをインソール下に内蔵するなどの

フットベッドカスタマイズをすることで、より高い満足度を感じていただける

履き心地になります。

 

 

 

 

 

 

 

今回の展示会用 New Produsts のご注文は以下からしていただけます。

 

・Roam trainer  http://brass-tokyo.shop-pro.jp/?pid=119133155

 

・Service shoes    http://brass-tokyo.shop-pro.jp/?pid=119131696

 

・George boots http://brass-tokyo.shop-pro.jp/?pid=119132001

 

| brass5812 | 08:42 | - |
CLINCH Service shoes

 

Web shop

BOOTS & GOODS SHOP by Brass Shoe Co.

商品を追加いたしました。

 

 

 

 

この度の展示会で発表させていただきましたサービスシューズのご紹介になります。

 

 

 

 

デザインとしては、50’sのサービスシューズを踏襲しておりますが、

より履きやすく、包まれるようなフィッティングを求め、

木型をアップグレードすることから、始めました。

 

ヒールカップ〜ふまずにかけて、しっかりとした引き締まったホールド感を感じていただきながら、

ボールジョイント〜指は圧迫しないような設計の木型になっております。

 

 

 

当時のサービスシューズはしっかりと作り込まれており、

完成されたものであることは、疑う余地もありませんが

だからと言って、後を追うのでは意味がありません。

 

 

 

今回のサービスシューズに限ったことではないですが

デザインを抽出した廉価版、劣化版のようなものにならないように

シンプルだからこそ、プロダクトとして優れたものを

生み出す必要を強く感じています。

 

私どもが多くの靴をバラして感じるように、

生み出すものが50年後、100年後にバラした職人に

何かを感じさせる物作りでありたいと思っています。

 

 

手仕事を惜しみなくかけられる からこその仕事をしたいと思います。

それが 内ふまずまで長くがっちりと入ったカウンター芯や

アッパーの素材選び、加工からも感じていただければ嬉しく思います。

 

ぜひ足入れをしていただき、

履き込むことで実感してください。

このBLOGで少しでも 考え方や拘りなどを感じていただければ幸いです。

 

 

今回、アッパーは

フランスのキップを黒に後染めしたものとバスケットボールレザーの黒、茶を

ご用意いたしました。

 

 

 

 

 

高級感と耐久性の為に、クロム鞣しのキメの細かいキップレザーを用いております。

しかしクロムの黒は断面がグレーです。

なので、クロム鞣しの茶色の革を染料にて黒く染め上げることで、

クロム革ながら、タンニン鞣しのようなエイジングを考えてのことです。

 

こちらのキップは6アイレットの裏ハトメ仕様

シングルレザーソールになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バスケットボールレザーの黒と茶色は少しボリュームを持たせて、

3mmミッドソールをプラスし、

5アイレットの外ハトメ仕様となります。

 

 

 

 

 

今回の展示会用 New Produsts のご注文は以下からしていただけます。

 

・Roam trainer  http://brass-tokyo.shop-pro.jp/?pid=119133155

 

・Service shoes    http://brass-tokyo.shop-pro.jp/?pid=119131696

 

・Service shoes Basketball leather  http://brass-tokyo.shop-pro.jp/?pid=119176239

 

・George boots http://brass-tokyo.shop-pro.jp/?pid=119132001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| brass5812 | 15:53 | - |
展示会について

 

13日より開催しております CLINCH Boots&Shoes の展示会

にお越しいただきましたお客様、誠にありがとうございます。

 

業者様以外にも、一般のお客様からもお問い合わせを頂戴しております。

(リペア、カスタムのご依頼、お受け取りはいつも通りです。)

 

業者様への新作のご紹介の場とさせてただいておりますが、

一般の方もアポイントが無くても、ご覧いただけます。

 

現在、生産に入っております商品をメインに展示しておりますので、

即納ではありませんが、

生産予定数をオーバーしない限りは、下記の納期でお渡しさせていただく予定です。

 

Sandal 7月

Mast trainer , Roam traier 9月

Service shoes , George boots 9月

Engineer boots , Hi-liner , Lace up boots  11月

 

 

一般の方はご来店の際か、WEB Shopでもご注文を頂けます。

 

・Roam trainer  http://brass-tokyo.shop-pro.jp/?pid=119133155

 

・Service shoes    http://brass-tokyo.shop-pro.jp/?pid=119131696

 

・George boots http://brass-tokyo.shop-pro.jp/?pid=119132001

 

 

 

 

| brass5812 | 12:15 | - |
Roam trainer

 

昨日、Trainer series の 新作 Roam Trainer

をインスタグラムでご紹介させていただきました。

 

早速、お問い合わせを多くいただき、大変嬉しく思います。

 

Mast Trainer の 短靴版が欲しいと、

かなり早い段階で 取扱店様 や 顧客様 からのお声を頂戴して

おりました。

 

ただ そのままカットするのも デザイン的にも腑に落ちず

すべて一から木型からの開発となってしまい、

大変時間がかかってしまいました。

 

何度か試作を見聞きしていた方々には、

発売するする詐欺のように、捉えていただいておりました。。。

 

 

お待たせして、申し訳ありません。

大変、良いものになったと思いますので、

 

展示会に来ていただいた際には、

ぜひ履いてみてください。

 

ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

・Roam trainer  http://brass-tokyo.shop-pro.jp/?pid=119133155

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| brass5812 | 20:46 | - |
CLINCH Boots & Shoes 自社展示会のお知らせ

 

さてこの度、下記の日程にてCLINCH Boots & Shoes EXHIBITIONを行わせていただく

運びとなりました。自社での展示会は初の開催となります。

 

この度の展示会では、定番のブーツ以外にも

Mast Trainerに次ぐトレーナーシリーズRoam Trainer

クロスストラップのCross Sandals 、素材・パターン・製法にも吟味を重ねたService shoesなどの

新作もご用意させていただきました。

 

大変お忙しい中、恐縮ではありますが、皆様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。

 

 

日程 : 613日(火) ~ 617日(土)

時間 : 12:00 ~ 18:00

 

会場 : Brass Shoe Co.

住所 : 東京都世田谷区代田5−8−12

 

 

※バイヤーの方はご来店予定の日時のご連絡をお願い致します。

 

※新規取り扱い希望の店舗様は DMをご郵送させていただきますので、

 メールにてご連絡をお願い致します。

 

※展示会期間中は 店頭での販売は行っておりません。

リペア&カスタムの受注、お引き取りは可能です。

 

 

ご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

 


お問い合わせ先
・tel:03-6413-1290
・mail:

info@brass-tokyo.co.jp

 

 

 

 

| brass5812 | 19:46 | - |
Page: 1/165   >>

Search

Photo

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Entry

Category

Archives

Link

Feed

Mobile

qrcode

PAGE TOP